ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 145】人が好きな話のネタに注意したい理由とは

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

このブログは、心技体の「心」に焦点を当てて書くようにしています。

さらにこのブログの読者は、管理人の知り合いかソフトテニス関係者かもしくはスポーツ関係者でしょう。

 

となればやはり、最近歴史的な成績を残したイチロー選手やオリンピック選手のような、プレーもさることながら、人としても尊敬される人になってほしいものです。

 

そのためにも、普段の生活での心がけはすごく大切なこと。

今回は、そんな普段の生活の中で心がけたい、「人が好きな話のネタに注意したいこと」を中心にお伝えします。

 

人が好きな話のネタとは


 

人は、大人になればなるほど、あるネタについての話が好きになっていく傾向があります。

 

それは一体なんだと思いますか?

少しでいいので、考えてみてください。

 

 

 

 

思い浮かんだでしょうか?

趣味や恋愛話とかいろんなことが答えとして考えられますが、僕が考える人が好きな話のネタは「嫌い」の話。

 

例えばですが、テレビに出るような億万長者の人の話と、その人が一転して転落してものすごい貧乏生活をしている話とどっちが盛り上がりますかね?

 

おそらく2〜3人とか人が集まって話すなら、圧倒的に後者の方が盛り上がるでしょう。

 

前者の話だと、

「ああ、いいよな〜お金持ちは」とか

「俺たちには無縁の話だよな」とか

そんな感じで、すぐに話が終わって、次のネタに話が移ってしまいがち。

 

ところが後者だと、

「あの人いつか失敗すると思ってた」とか

「お金持ちになっていい気になり過ぎてたんだよ」とか

そんな言葉が飛び交って休み時間中そのことで話が終わっちゃうくらいの盛り上がりをしてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

 

これは、まさに人が好きな話のネタが「嫌い」になる典型的な例です。

お金持ちは悪いことでもなんでもないはずですが、自分たちの嫉妬からその人が「嫌い」な対象になるのです。

 

そうなれば、人はその人のあら探しや失敗した時の話で盛り上がってしまうのです。

そんなことって、身の回りでは結構ありませんかね?

 

嫌いな先輩や上司、部長やキャプテン、親や教師とかそんな感じで。

人ってそういう傾向があるんですよ。

 

「嫌い」な話は盛り上がるかもしれないけど


 

人は盛り上がる話をするのは誰だって嫌いじゃないでしょう。

ただし、人として尊敬される人間を目指すなら注意が必要です。

 

冒頭から話しているように、人は大人になればなるほど、「嫌い」を話題に盛り上がりがちだし、話のネタもそればっかりになりがち。

 

全てをやめろとは言わないまでも、だいたい「嫌い」の話とは、人の悪口でしかありません。

 

人の悪口なんてまさに「百害あって一利なし」です。

なるべく避けるに越したことはありません。

 

人はいつの間に自分のことに盲目になってしまいがちな生き物。

そうならないためにも、常に人が好きな話のネタである「嫌い」に関することには注意していきましょう。

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜