ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 139】やりたいことを躊躇してしまうときに考えたいこと

こんにちは。
ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は3日連続で、将来作る書籍のための、わかりやすく短い文章での更新です。

 

「短くて読みやすいけど、深い。」

そんな文章でお伝えします。

 

 心は熱く、待ちわびている

 

誰だって、今やっていることが、自分がやりたいこと、好きなことばっかりやれてるわけじゃないと思う。

 

むしろ、ちょっと嫌だなって思いながらやってることって少なくないんじゃないだろうか。

 

大人になっていくと、いろんな言い訳をする。

 

そうやって、あんまり好きじゃないことをすることを正当化する。

 

好きなこと、やりたいことを我慢するようになる。

 

それを仕方ないと思い続けているうちに、それが当たり前になっちゃう。

 

でも、きっとあなたの心の奥底は違う。

 

いつだって、心は熱く、待ちわびている。

 

楽しみにしていた遠足とかご飯とかが待ち遠しくて仕方なかった小さい頃のように。

 

今までで、我慢し続けて頑張ってきたんだから、ちょっとの間くらい自分の心に正直に生きたっていいんじゃないかな。


では、今回はこの辺で。