ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 121】「こんな自分なんかが、おこがましい」という考えは、やめてしまうべき

f:id:muro-softtennis:20160808013600j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「『おこがましい』という考え』はやめるべき」理由についてお伝えします。

 

アドバイスを求めている人がいるとして、

あなたの周りにこんなことを言う人はいないでしょうか?

またあなたがこんな発言をしてはいないでしょうか?

 

「まだまだ自分は未熟なんで、アドバイスできることはありません」とか

「こんな自分なんかが、言うことはおこがましいです」

 

という感じのもの。

僕の大学時代に所属していたソフトテニス部でも、たくさんいました。

 

これらは、「こんな自分なんかが、おこがましい」という考えからくるものです。

一見謙虚で、良さそうに見えますが、これは今すぐやめるべき。

 

その理由も含めて、具体的にお伝えしていきます。

 

そもそも完璧な人はいない


 

誰かから、アドバイスを求められているとしましょう。

 

その時に、「自分はまだ未熟だから、そんな自分なんかが、(アドバイスを言うなんて)おこがましい」

 

という考えをしているなら、間違いなく今すぐその考えを改めた方がいいでしょう。

 

「自分がまだ未熟(な部分がある)」謙虚な部分はとても良いことです。

ぜひともその姿勢は続けるべき。

 

問題なのは、「自分はまだ未熟」という考え。

これは、無意識のうちに、「完璧な自分がどこかにいる、または成長したら完璧になれる」という前提から作られる考えです。

 

断言しておきますが、完璧な人間なんてどこにもいませんし、一生なれません。

 

一流アスリートでオリンピック金メダル連覇中の方でも「自分はまだまだの部分がある」とインタビューで話し、怠らず日々の練習に取り組んでいます。

 

世界一のお金持ちで有名なマイクロソフト代表のビル・ゲイツ氏も、「自分には至らないところがある」と言い、どんなに忙しくとも、毎日1時間の読書時間を確保しているとのことです。

 

そんな誰もが知っている有名人でさえ、未熟というのに、世界中の誰が完璧と言える人間だというのでしょうか?

 

算数や国語のテストでは、100点満点を取れば、完璧というのかもしれません。

ですが、人間に100点満点というものはなく、誰もが完璧ではありません。

 

アドバイスは、誰が言う人よりも言われた人の方にどんな影響があるかが大切


 

問題はもう一つあります。

「自分はまだ未熟だから、そんな自分なんかが、(アドバイスを言うなんて)おこがましい」という人は勘違いをしています。謙虚さが太陽を隠す雲のように覆いかぶさって、気づきにくいもの。

 

それはそもそもアドバイスは誰が何を言うということもありますが、アドバイスを言われた人がそのアドバイスを受けてどんな影響があるかまではコントロールできない、というものです。

 

 これは心理学の鉄則ですが、人は他人をコントロールできません。

コントロールできるのは自分だけです。

 

おそらくアドバイスする側の人には、意識しているか無意識のうちかはともかく「こんな感じで受け取ってもらいたい」という思いがあります。

 

人の思いとか願いとかは素晴らしいものですが、そんなものは儚いもんです。

 

受け取らせ方は工夫次第でどれだけでもコントロールできますが、受け取り方までは誰にもコントロールできません。

 

どんなぬ工夫しても、どんなに有名な人の言葉でも全く響かないことだってあります。

 

全く知らない人のぼやきみたいなものが、すごく響くことだってあるんです。

 

全ては言われた人次第。

 

もしかしたら、はあり得る


 

仮に、あなたが誰かにアドバイスを求められたら、あなたがアドバイスをする立場にいるなら、謙虚さという保険に逃げてばかりではなく、しっかりと自分で考えて、あなたのアドバイスをすべきなのです。

 

完璧な人間はどこにもいません。

どんなに素晴らしいアドバイスだと思っていても、それが全く響かないことはあります。

 

あなたのアドバイスが、あなたが発言するタイミングで言われることによって、言われた人が良い影響を受けることはあり得るし、予想以上に影響を受けるというような、もしかしたら、は十分あり得るのです。

 

「自分はまだ未熟だから、そんな自分なんかが、(アドバイスを言うなんて)おこがましい」

 

そんな考えは今すぐ捨てて、きちんと自分で考えてアドバイスするようにしましょう。

 

間違ったっていいのです。

どんなことでも、言われた側次第ですからね。

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜