ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 117】決まりごとで、注意すべき点とは

f:id:muro-softtennis:20160804015824j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「決まりごとの注意点」についてお伝えします。

 

部活でも、職場でも、いろんなところに決まりごとが存在します。

大きいところで言えば、日本には日本国憲法がありますし、社内では社内規則などの決まりごとがあるでしょう。

 

ちなみに、決まりごと(ルール)がなぜ必要かは以前ブログに書きましたので、

気になる方はこちらから読んでみてください。

                                                        ↓

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

決まりごとは、どこにでもあるものですが、時には気をつけないと思わぬトラブルが発生することがあります。

 

今回は、決まりごとからどんなトラブルが起こるのか、そしてどうしたらいいのかをお伝えしていきます。

 

時が経てば、いろんなものも変わっていく


 

変化しないものというのは、この世にありえないのです。 

世界のいろんなものが、絶えず変わり続けています。

 

人も歳をとっていきますし、人間関係も新人が入ったりして変わっていくし、世の中の常識だって変わっていきます。

 

数年前までは、「太陽が地球の周りをまわっている」のが常識でしたが、今は「地球が太陽の周りをまわっている」というのが常識になっていますからね。

 

ちなみに、地球も変わり続けていますから、それに対応できない生き物は絶滅しちゃうのが今までの歴史上の事実。

つまり、変わり続ける時代や環境に合わせて柔軟性を持って変化しないとダメになるということ。

 

それでは、ここで一つ質問です。

今、あなたがいるところ、部活や職場などに存在しているであろう、決まりごとはちゃんと変わり続けていますか?

 

変化すべきなのは目に見えるものだけじゃない


 

部活の練習なら、部員が多い年もあれば、少ない年もあるでしょう。

その場合は、その年その年の環境に合わせて、練習内容はきっと変えているでしょう。

こういった目に見えることは、人は意識的にその場に合わせて対応するもの。

 

ですが、トラブルが起こりやすいのは、実は目に見えない部分のことが多いのです。

 

特に、人間関係。

これは本当にトラブルになりやすい。

 

部活でも、職場でも、どこでも人間関係は存在していて、これは良い悪いに関わらず、勝手にどんどん変わっていきます。 

 

知らぬ間にあの人とあの人の仲が悪くなっている、険悪なムードになっているというような、目には見えないけど、はっきりと感じるというトラブルは決して珍しいことではないでしょう。

 

この人間関係のトラブルの原因となるのが、最初に決められた決まりごとであることが多い。

 

「最初の頃に決めたよね? なんでやらないの?」とか、

「最初の頃はやってくれてたのに、どうしてやってくれなくなったの?」

というような恋愛関係の男女の喧嘩の原因になりやすいものは、組織内の人間関係でもよく見られることなのです。

 

時が経つにつれて、人も、環境もいろんなものが変わっているのに、最初の頃に合わせた決まりごとをいつまでも変えないで放っておくと間違いなくどこかで時代や環境と合わなくなり、ダメになっちゃいのです。

 

ある意味、絶滅しちゃいます。

目に見えることにもしっかり対応しないといけませんが、注意して変化すべきなのは、むしろ目に見えないものだったりするのです。

 

最初の決まりごとを当たり前にしない


 

決まりごとはなくてはいけませんし、いきなりないものになんてしたら混乱します。

でも、そのまま放置しておくとトラブルになりかねません。

 

では、どうしたらいいのか?

 

答えは結構簡単で、車検のような定期的な点検日を設けたらいいのです。

 

車は故障していて、事故を起こしてしまえば、人の命がなくなってしまうことのあるものですので定期的な点検が義務付けられています。

 

これと同様に、人間関係も組織にいる以上はとても大切なことなので、トラブルの原因になりえる、決まりごとはしっかりと定期的に、「この決まりごとは今のうちの組織に合っているか?」と点検すべき。

 

もちろん毎日すればいいのですが、そういうわけにもいかないでしょうから、月1回くらいのペースで見直すとよいでしょう。

 

月の終わりに点検して、翌月から改めた決まりごとを始めるというので、あれば区切りもよく組織の人間もすんなり受け入れてくれる可能性が高いですから。

 

まず大切にしたいのは、

 

最初の決まりごとを当たり前にしない」という考え方。

 

次に、点検を忘れないこと。

 

そして、改めた決まりごとを実行すること。

 

これだけで、組織の人間関係は安定するものです。

 

安定した人間関係は、本当に大切にしたいものですね。

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜