ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 106】気持ちが沈んだら、何をすべきか

f:id:muro-softtennis:20160724035502j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「気持ちが沈んだら、何をすべきか」についてお伝えします。

 

どんな人にも、気持ちが沈んでしまうことってあることでしょう。

それでも、いつまでも沈んでいるわけにはいきませんよね。

 

気持ちが沈んだまま、スポーツにしても、仕事にしても、勉強にしても、どんな行動したっていいことなんてありません。

では、そんな気持ちが沈んだら何をすべきか、何をしたら変わるのかを、早速お伝えします。

 

気持ちが沈んだら、何が起こるのか


 

人は、気持ちが沈んだら、外見上にある傾向が生まれることをご存知ですか?

あなたも実際に気持ちが沈んだことがあると思いますので、少し思い出してみてください。

 

さて、答えが浮かびましたでしょうか? 

どんなことかといえば、それはずばり笑顔が消えるということ。

これは世界中で研究され証明されていて、自殺者に多く見られる特徴なのです。

 

気持ちが沈むから、笑顔がなくなるのではない!?


 

さて、気持ちが沈むと、笑顔がなくなるという外見上の変化をお伝えしたのですが、ここで一つ注意すべきことがあります。

 

それは、

「気持ちが沈む」→「笑顔が消える」

というものではなく、

「笑顔が消える」→「気持ちが沈む」

という事実。

 

人は、外見上の変化が起きてから、感情が変わる生き物。

つまり、気持ちが沈んだ後に、笑顔がなくなるのではなく、笑顔がなくなるから、気持ちが沈むのです。

 

この事実を知らずに、気持ちが沈んだから落ち込んでいるんだと勘違いしている人が結構いますが、実はその考えは間違っているのです。

 

無理やり笑顔を作ればいい


 

気持ちが沈む理由は、笑顔がなくなること。

ということは、笑顔を取り戻せば自然と気持ちが沈むことはなくなります。

 

考えてみればわかるかと思いますが、自分が笑顔の時に、気持ちが沈むことはありません。人の心はそのようにできているのです。

 

つまり、気持ちが沈んだら、無理やり笑顔を作ればいいのです。

 

「気持ちが沈んでいる時に、笑顔になるなんて無理だよ」

という声が聞こえてきそうですね。

 

でも、そんなことはありません。

仮にそうだとして、ではあなたは過去にどうやって、気持ちが沈んだ時から回復したというのでしょうか?
人は、たとえ気持ちが沈んでいても、笑顔を作り出せる力があるのです。

 

何にもする気にならないのが、気持ちが沈んでいる時の特徴でもありますが、そんな時は外の力を借りましょう。

 

いろいろな方法がありますが、お笑い芸人の方のDVD鑑賞は、その中でも特におすすめです。

気持ちが沈んでいても、いつの間にか笑顔が戻っていて、「あれ、ちょっと前まで気持ちが沈んでいたのに。」って思う時が来ますから。

 

笑顔が戻ったら、きっと「よし、頑張ろう」って、いつもの自分に戻れるでしょう。

そんなあなたを、あなた自身も、実はあなたの周りの人もきっと待っていますよ。

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜