ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 105】こんなリーダーには注意!? リーダーのどこを見るべきか

f:id:muro-softtennis:20160723011329j:plain

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「リーダーのどこを見るべきか」についてお伝えします。

 

部活でも、職場でも、どこにでもリーダーは存在します。

もちろんいろんなリーダーがいていいのですが、もしリーダーを選ぶようなときに、こんなリーダーには注意というものをお伝えしていきます。

 

リーダーを見る上で必要な2大要素


 

リーダーになるということは、どうしても人の上の立場に立つことからは避けられません。そんなリーダーには、多くの能力が求められるでしょう。その多くの能力の中でも、リーダーを選ぶ上で、「リーダーのここを見るべき」と言える必要な2大要素があります。 

 

それは、「やる気」と「実力」。

 

単純に考えて、その組み合わせは4パターンあるでしょう。

 

①やる気も実力もある人

②やる気があるが、実力がない人

③やる気はないが、実力がある人

④やる気も実力もない人

 

上の①〜④の中で最高なのは、当然①の人。逆に最低なのが④の人。

このことに異論はないでしょう。

 

さて、①の人がリーダーならいいですが、世の中そういうわけにはいきません。

「天は二物を与えず」という、ことわざがあるように、やる気も実力も兼ね揃えたスーパーマンはそんなにいません。

 

となれば、②の人か③の人かとなってくるのですが、問題はどちらがよりリーダー向きかということです。

 

あなたなら②の人か③の人か、どちらがリーダーに向いていると思いますか?

 

やる気か実力どちらを優先すべきか


 

さて、あなたなりの答えは出たでしょうか?

 

②の人を選んだ人は少しばかり注意が必要です。

 

「え、やる気がある方がいいんじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですね。

 

「やる気のない人なんてリーダーに向かないだろう」

と、そんな声も聞こえてきそうです。

 

では、ここで考えてみてください。

リーダーと言えば、それなりに権力があり、決定権を持つようになることがほとんどでしょう。簡単に言えば、みんなが守らなきゃいけないルールを作れるようになっちゃうわけです。

 

そこで、②の人がリーダーになるとどうなるか?

②の人はやる気がありますので、「絶対良い方向に導くぞ」とやる気満々でしょう。だから、次から次へといろんなことをしてくれるでしょう。

 

一見それが良いように見えるのが、実はすごく注意すべきところ

やる気に任せて、いろんなことをすれば、それを成功させるだけの実力が伴っていないなら、当然失敗や混乱に陥ります。

 

やる気があって言っていることはすごく良いことなんだけど、実力が伴わないためやっていることが良くないから、今よりダメになる可能性はすごく高まります。

 

そのリーダーの人生だけがダメになるならいいですが、そういうわけにもいきません。リーダーがやったことが失敗してしまえば、当然その人の下の立場の人たちにも悪影響が出てきてしまいます。

 

これが、②の人をリーダーに選ぶとしたら、注意すべきことなのです。

「自分は、その人と一緒になって、ダメになってもいい」というような、それだけの覚悟があるならいいですが。

 

リーダーになる人は、人の上に立つ立場になる以上ある程度の実力は、絶対に必要。

ある意味、実力がないのにリーダーになるというのは罪のようなものです。

 

リーダーを選ぶときには、まず実力を見よう


 

日本国民の我々には、選挙があれば、投票の義務があります。

選挙ではまさにリーダーを選ぶということが発生します。

 

まさか選挙に出る人で、やる気のない人はいないでしょう。

むしろやる気満々で、「私が選挙で勝ったら〇〇します」というようなスピーチが選挙日近くになれば、あちこちで聞こえてきますから。

 

つまり、③と④の人はいないのです。

となれば、あとはその人に「実力」があるかどうかを見定めるだけ。

 

これは、僕の尊敬する経営者の方に教えていただいた例ですが、あなたのお母さんが手術を受けないと死んでしまうという状況だとしたら、次の2人のお医者さんのどちらを選びますか?

 

①やる気満々だけど、手術の成功確率は50%のお医者さん

②やる気はそこまでではないけど、手術の成功確率は100%のお医者さん

 

おそらく全員が、自分の大切なお母さんの命を預けるなら、②のお医者さんを選ぶでしょう。

リーダーにも同様に、やる気だけでなく、むしろ実力の方が求められるのです。

 

やる気のある人はすごく輝いて見えますし、パッと見るとリーダーにすごく向いている人のように見えます。

 

ですが、実力がともなわないリーダーが確実に、そのリーダーとそのリーダーの人にいる人たちをダメにします。

 

だからこそ、リーダーを選ぶなら、やる気だけでなく、実力もしっかりと見定めましょうね。

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜