ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 98】目標を立てる時に気をつけること⑤「今までの行動量で計画しない」

f:id:muro-softtennis:20160716003033j:plain

 

こんにちは。
ムロ(@mattyann1006)です。

現在「目標を立てるときに気をつけること」について、連続でブログで紹介しています。

 

これまでの分は、こちらからどうぞ↓

 

「目標を立てるときに気をつけること」第五弾は、今までの行動量で計画しないというもの。

それでは、早速詳しくお伝えします。

 

今までの思考と行動の結果が、今の自分


 

「もしあの時こうしていれば、今頃俺ももっとすごくなっていたかな〜」なんて妄想したことはありませんか?

これは、妄想がいけないという話ではありません。そういうことを考えるということは、自分の理想はもっと上にあるということの証明です。上を目指す、成長する上では必要なことなので、むしろいいことでしょう。

 

ただし、今の自分は多くの書籍、特に自己啓発本に書かれている通り、「今までの思考と行動の結果」以外の何ものでもありません。

 

少し突飛な考えを言えば、「100m走を走ったら、12秒だった」というのと「今までの人生の思考と行動の結果が、今の自分だ」というのと何ら変わりありません。

 

上を目指す目標を立てるなら、今までの行動量じゃダメ


 

「今までの思考と行動の結果」=「今の自分」

 

なのです。

当たり前ですが、目標を立てるならば、今の自分よりももっと上を目指すことを考えるでしょう。

 

そこで重要なのが、今までの行動では、今のままということ。

積み重ねはできるでしょうけど、おそらくあなたの目標とする理想の自分には到底なりえないでしょう。

 

ブログを書き始めた初期に、「天秤はあっているか? その望みは100円のお賽銭で叶うものなのか?」というタイトルでブログを書きました。

 

中身が気になる方はこちらからどうぞ↓

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

 タイトルにもありますが、あなたの目標(望み)は、お賽銭を入れた程度で叶うものなのですか、ということを自分に問いた方がいいでしょう。

 

「今の行動では、今のまま」なんだから、目標を立てる時に計画の段階では、 今までの行動量で計画しないことが求められるのです。

 

あのスポーツ選手と同じ感動を


  

今までの行動の倍の量をこなせば、目標を達成できるかと言えば必ずしもそうだ、とは言い切れません。

ですが、、今までの行動量の自分よりも、ほぼ確実に目標達成には近づくでしょう。

 

アスリートの特番などでよくある話ですが、一流のアスリートは、一度の挫折から今間の自分の全てを見直し、今までの自分とは別人のように考え行動し、素晴らしい結果を出したと聞きます。

 

一流アスリートは限られた存在です。一流アスリートでさえ自分を見直しているのに、その他大勢の人たちが、今の自分すら見直さないでどうやって目標を達成できるのでしょうか?

 

「目標を立てるときに気をつけること」シリーズでは全ての記事に書き続けてきましたが、アスリートが目標達成をして泣く姿をテレビで見たことがあるでしょう。あの姿に感動を覚えた人は少なくはないでしょう。

 

あの姿と同じ結果を出すのは難しいでしょうけど、あの姿と同じような感動を味わうことは可能です。

 

今の自分では、なかなか達成が難しい目標を立てればいいのです。

そのために、「今の自分の思考と行動量」を捨て去り、別人のように行動すれば、きっと目標は叶うでしょう。

 

泣くほどの嬉しさは、その瞬間は味わってみないとわからない。

ぜひとも、その瞬間を味わってみてくださいね。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜