ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 91】やる気の出ない時に、やる気を出す簡単な方法とは

f:id:muro-softtennis:20160707071921j:plain

 

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「やる気のない時に、やる気を出す方法」についてお伝えします。

 

どんな人でも「やる気」がなければうまくいきません。

それはなんとなくわかっているし、感じているのではないでしょうか?

 

でも、どうしてもやる気が出ない時ってあると思います。

そんな時にやる気を出す簡単な方法をご紹介します。

 

やる気のある人、ない人


 

いきなりですが、「高校野球」と聞くと、皆さん何を思い出しますか?

 

太陽、汗、帽子、坊主、バット&ボール、、、、、、などなどたくさん出てくるでしょう。

 

高校野球といえば、やはり甲子園という人もいるでしょう。

直接見た経験のある人は少ないかもしれませんが、テレビで見たことは誰でも一回はあるでしょう。

 

彼らは、技術的に優秀。

ただ、それ以上にやる気に満ちていると思いませんか?

 

あの暑い中、たとえ負けている状況でも「なんとか逆転するぞ」というのは誰もが認めることでしょう。

 

それに比べ、「若いな。あの頃は俺も頑張っていたな」とか思っていませんか?

若さはさすがにどうしようもないですが、やる気は心の問題なので、若いからやる気があるのではなく、あなたがなくしているだけ。

 

とはいえ、やる気が出ない時は、なかなかやる気って出ないですよね。

でも、実は簡単にやる気を出す方法があるのです。

 

やる気を出すには〇〇〇


 

甲子園にやる気を出すヒントがあるので、また登場してもらいましょう。

 

甲子園に限った話ではありませんが、野球には、表裏があるのはご存知ですか?

簡単にいえば、攻撃と守備の交代。その時にチェンジの合図があり、選手は一旦次の準備のためにベンチに戻り、監督の指示を聞くのが一般的でしょう。

 

はい。

 

ここにやる気を出すヒントがあります。

ベンチに戻っていくときの選手はどんな感じですか?

 

だらだらと歩いていますかね?

そんな選手はどこにもいません。みんな走ってベンチに戻っていきますよね?

 

そう、やる気を出す簡単な方法の答えは「小走り

 

感情よりも、行動


 

「やる気がない時は何をしてもやる気が出ない」とよく聞きますが、それは間違いです。

 

思い出してみればわかると思いますが、遅刻ギリギリで間に合うかどうかの時、全力疾走してて、やる気のない人なんていないでしょう。全力疾走している時に、「うわ〜やる気でねぇ」なんて言う人はいないですよね?

 

ここからわかるように、感情よりも、行動の方が実はやる気に関わっている。

だらだらと行動しているからやる気が出ない。

きびきびと行動しているからやる気が出る。

 

そのきびきびとした行動の簡単なもので、一番手っ取り早いのが「小走り

別に全力疾走しろと言っているのではありません。いつもよりも、少しだけ走るようにきびきびと行動すればいいだけ。

 

感情を無理やり変えようとするのではなく、行動をちょっと変える。たったそれだけでやる気が出ます。

 

たとえ、自分が「やる気が出ない」と思っていても、そこから少しだけ頑張って、小走りすればやる気は出るのです。

 

やる気のある人がいいか?

やる気のない人がいいか?

 

やる気の出す方法はもうお伝えしました。

あとはあなたの選択次第。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜今回の考えで参考になるオススメの書籍はこちら〜

 

超一流アスリートが実践している本番で結果を出す技術

超一流アスリートが実践している本番で結果を出す技術

 

 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜