ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 88】無理ではなくて、まだ現実になっていないだけ

f:id:muro-softtennis:20160704215032j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「無理と現実」についてお伝えします。

 

最近の記事は、すべて将来書籍にするために、

シンプルで、短い文章で構成されています。

 

気になるは、こちらからどうぞ↓

【ソフトテニスで学んだこと 80】この世で決して、騙せない相手とは? - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 81】成功するたったひとつの方法とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 82】どんな人を目指すべきかシリーズ3 「ありがとう」を伝える人であるべき - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 83】変えられないものを変えようとするより、変えられる自分から - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 84】No.1になる考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 85】指導者として、人を動かす考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 86】考えるきっかけを与える魔法の言葉 - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 87】ディズニーランドの夢は、何年で完成したか? あなたの夢は何年目? - ソフトテニスで学んだこと

 

 

人が変わるには、心に響かないと変わらない。

だから、シンプルに、あなたの心に響くようにお伝えします。

 

どんなに頑張って、願っても


 

現実の世界で、無理なことはある。

 

例えば、もう起こってしまった過去の出来事の書き換え。

 

「あの時、ああしていれば〜」とか、

 

「もし、あの時あっちを選んでいたら〜」とかそんな感じのやつ。

 

どんなに頑張っても、

 

どんなに願ってみても、

 

それはできないし、叶わない。

 

頑張って変えられるもの、それが未来


 

過去は変えられない。

 

どんなに頑張っても、それは無理。

 

ただそうやって思ってばかりいると、

 

いつの間にかやる前から「無理だ」って諦めがちになる。

 

無理な話と現実で起こることは、無関係。

 

無理なんじゃなくて、まだ現実に起こっていないだけ

 

たったこれだけの事実を、

 

いつの間にか忘れてしまって、

 

多くの人がやる前から「無理だ」って諦める。

 

いつからだろう、そうやって諦めるようになったのは。

 

でも、人は強い。

 

思ったら、すぐに変われる。

 

「頑張って変えられるもの、それが未来。」

 

思い立ったが吉日。

 

思い切って、挑戦しよう。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜今回の考えで参考になるオススメの書籍はこちら〜

 

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

 

 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜