ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 87】ディズニーランドの夢は、何年で完成したか? あなたの夢は何年目?

f:id:muro-softtennis:20160703234334j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「夢」についてお伝えします。

 

最近の記事は、すべて将来書籍にするために、

シンプルで、短い文章で構成されています。

 

気になるは、こちらからどうぞ↓

【ソフトテニスで学んだこと 80】この世で決して、騙せない相手とは? - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 81】成功するたったひとつの方法とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 82】どんな人を目指すべきかシリーズ3 「ありがとう」を伝える人であるべき - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 83】変えられないものを変えようとするより、変えられる自分から - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 84】No.1になる考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 85】指導者として、人を動かす考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 86】考えるきっかけを与える魔法の言葉 - ソフトテニスで学んだこと

 

 

人が変わるには、心に響かないと変わらない。

だから、シンプルに、あなたの心に響くようにお伝えします。

 

かの有名なディズニーランドは、何年目にできたのか?


 

誰もが、楽しめて、また行きたくなる夢の国。

 

それが、ディズニーランド。

 

ディズニーランドは、創業者ウォルト・ディズニーの夢。

 

今でこそ、順風満帆に見えるディズニーランドも、

 

実はあまり知られていない過去がある。

 

それは、ウォルト氏が

 

「いつディズニーランドの開業を夢に見たか」ということ。

 

ウォルト氏は、23歳の時に開業を夢にみたといいます。

 

ディズニーランド開業日のウォルト氏の年齢は、54歳だったのです。

 

あなたの夢は何年目?


 

あんなに有名で、誰もが知っているディズニーランドでも、

 

完成に31年という年月がかかっている。

 

さて、ここで一つ質問です。

 

「あなたの夢は今一体、何年目ですか?」 

 

夢をみても、

 

壁に当たると、諦めたくなる。

 

夢をみても、

 

全然うまくいかない時、諦めたくなる。

 

その気持ち、よくわかる。

 

僕も何度同じような思いをしてきたから。

 

でも、ウォルト氏ほどではないんじゃないかな?

 

31年間、ずっと諦めずに夢を見続けるって普通の人はできない。

 

それができる人だったから、夢が叶う。

 

それができる人だったらから、多くの人に感動を与える。

 

「昔は夢みてた時があったな」という人になりたいか、

 

それとも、

 

夢を諦めず、最後まで頑張れる人になりたいか?

 

その選択はあなたが決めることができる。

 

自分は本当はどっちになりたいんだろうか?

 

きっと答えは、心が知っている。

 

その心の声を大切にしていきたいものです。 

 

 

では、今回はこの辺で。

 

〜今回の考えで参考になるオススメの書籍はこちら〜

 

ディズニーの現場力

ディズニーの現場力

 

 

 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜