ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 86】考えるきっかけを与える魔法の言葉

f:id:muro-softtennis:20160702213435j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、タイトル通り「考えるきっかけを与える魔法の言葉」についてお伝えします。

 

最近の記事は、すべて将来書籍にするために、

シンプルで、短い文章で構成されています。

 

【ソフトテニスで学んだこと 80】この世で決して、騙せない相手とは? - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 81】成功するたったひとつの方法とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 82】どんな人を目指すべきかシリーズ3 「ありがとう」を伝える人であるべき - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 83】変えられないものを変えようとするより、変えられる自分から - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 84】No.1になる考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

【ソフトテニスで学んだこと 85】指導者として、人を動かす考え方とは - ソフトテニスで学んだこと

 

 

人が変わるには、心に響かないと変わらない。

だから、シンプルに、あなたの心に響くように 。

 

肝心な時に、頼りなるのは自分


 

「どうすればいいですか?」って、

 

聞くことは、大切なこと。

 

でも、それはちゃんと自分で考えた後じゃないといけない。

 

人に頼ってばかりいたら、

 

それに甘えて自分で考えなくなっちゃうから。 

 

試合では、誰も助けてくれない。

 

肝心な時に、頼れるのはやっぱり自分。

 

考えに、間違いも正解もない。

 

もっといい考えがあったら、そっちに乗り換えちゃえばいいだけ。

 

だから、まず自分で考えるようにしよう。

 

考えるきっかけを与える魔法の言葉


 

人は言い訳の天才。

 

できないことやうまくいかないことには、言い訳ばかり。

 

「天気が悪いから」とか、

 

「今日は体調が良くないから」とか、

 

そんな感じ。

 

でも、そんな言い訳してたら考えなくなっちゃう。

 

そんな時に、考えるきっかけを与える魔法の言葉がある。

 

それは、

 

どうすれば、うまくいくか?

 

って言葉。

 

「天気が悪いから」じゃなくて、

 

どうすれば、天気が悪い時でも、うまくいくか?

 

「今日は体調が良くないから」じゃなくて、

 

どうすれば、体調が悪い時に、うまくいくか?

 

こうした問いにすれば、自然に自分で考える。

 

魔法の言葉は、すごい


 

どうすれば、うまくいくか?」って言葉すごい。

 

自分でも、考えさせたい相手でもどっちでも使えるのが、すごい。

 

何かに対して困った時でも、壁にぶつかったと思う時でも、どんな時でも使えるのが、すごい。

 

自分で考えたことには、やる気が起こるからすごい。

 

こんなすごい言葉を使わない手はない。

 

自分で考えるようになれば、考えてない人と差が出る。

 

最初はちょっとの差かもしれないけど、

 

毎日やっていればすごい差になる。

 

肝心な時に力を出せるかどうかは、

 

この差が決める。

 

肝心な時に力を出したいなら、

 

いますぐ言い訳をやめて、考えるようにしよう。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

〜今回の考えで参考になるオススメの書籍はこちら〜

 

しつもん上司術

しつもん上司術

 

 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜