ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 73】チームに目標が必要なわけとは

f:id:muro-softtennis:20160619232835j:plain

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「チームの目標の必要性」についてお伝えします。

 

以前、「目標を掲げるべき本当の理由とは」というタイトルでブログを書きましたが、今回はチームの目標に焦点を当てていきます。

以前のブログが気になる方はこちらからどうぞ↓

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

チームに目標はあるけど、その存在意義とかなんで必要なのかって結構考えたりしないもの。

 

しっかりとした考えがあれば、目標はさらに力を発揮するので、ぜひこの機会を考える機会にしてください。

 

ちなみに僕は、チームの目標は「整えるため」と考えてます。

 

どういうことか、早速詳しくお伝えします。

 

人は、そんなに強くない


 

性善説性悪説は学校で学ぶものなので、詳しい中身は知らなくとも耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

簡単に言えば、人は、生まれもったときから、善い人か悪い人かって話。

 

そんなことが大昔に話されていたようですが、僕の尊敬する経営者の方が似たようなもので、すごく納得することを教えてくれました。

 

それは、 

性弱説

というもの。

 

人は生まれながらに弱い生き物ってことなんですが、すごく納得しませんか?

 

どんな人でも、テストや仕事でミスすれば落ち込むだろうし、まして恋人と別れたばかりなんて落ち込まない人はいないでしょう。

 

あれだけすごい一流アスリートだって、「何度も悔しい想いをしてきたし、落ち込んだりもした」ってよく言いますしね。

 

一流アスリートでさえそうなんだから、人ってやっぱりいつもは強くいられない。ちょっとことで落ち込んだりする弱い生き物なんです。

 

そんな弱い人を整えるもの、それが目標


 

人は弱い生き物です。プライベートで何かあって落ち込むことって別に不思議なことじゃないし、むしろ日常茶飯事。

 

でも、チームがある部活や職場だとすれば、そんなプライベートのことなんて関係なく、しっかりと練習したり仕事してもらわなくてはいけません。

 

ってことはわかってるんだけど、落ち込んでたらなかなかやる気ってでないもの。チームって何人もいるだろうから、そんな人が一人とは限りませんしね。

 

そんな弱い人を整えるものが、目標なんです。

しっかりとした目標があれば、チーム全体がそこに向かうから。

 

人って多勢にはやっぱり勝てません。

初対面の人たちならなかなかうまくいきませんが、チームメンバーが目標にむかっているなら、一人がちょっと落ち込んだりしてても、そっちに引っ張られるものだから。

 

目標の力を借りてチームをまとめよう


 

仕事で出会ったとある会社の元社長の本で書かれていた「ミッション」が必要な理由が

 

①変化に対応するため

色々な人を整えるため
③共鳴した人がくるから
④崇高なものゆえ、離職率が減る

  

こんな感じ。

もしもっと詳しく読みたい方がいたら、こちらから↓

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

 

 

ミッションと目標は違うものですが、同じような力があることは事実

 

人は弱い生き物であるがゆえ、誰かが一人で頑張ってチームをまとめるのはとても大変な事。だからこそ、目標をしっかりと掲げて、目標の力を借りてチームをまとめればいいのです。

 

繰り返しになりますが、人は弱い生き物。

でも、チームは一人では達成できないものを叶える力がある。

 

だからこそ、目標を掲げて、チームを整えて、一直線にその目標達成に向かいましょう。        

 

では、今回はこの辺で。

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜