ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 68】自分で考えることのメリットとは

f:id:muro-softtennis:20160614230147j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

今回は、「自分で考えるメリット」についてお伝えします。

 

以前、責任はすべて自分にあるというブログを書きました。

 

中身が気になる方はこちらからどうぞ↓

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

人生の責任はすべて自分にある。

 

少し厳しいようですが、人のせいにしてても何もいいことはないし、成長もしません。

今回の内容の、「自分で考えるメリット」もここに関係のあるものです。

 

ではさっそく、お伝えしていきます。

 

誰かが決めたことで、失敗するとどうなるか


 

ムロは、今年で28歳になります。僕より年配の方や同世代の方はわかると思いますが、結構親や先生の勧めるままの仕事を選ぶ人って多くいるんです。

 

それって、少しは自分の意思もあるだろうけど、誰かが決めたことをそのまま実行したってことですよね?

 

そういう人が、思ってたのと違う(ほとんど予想外のはずですが)と感じると、どうなるかご存知ですか?

 

答えは、「決めたその人のせいにする」です。

 

「親が勧めたからこの仕事にしたのに、全然楽しくない」

「先生が言ってたのと、全然違うし」

 

とかそんな感じ。

 

これは本当に最低だし、残念。

成長もしないし、たぶんその人の人生で何も変わらなければずっと同じこと繰り返すから。

 

自分で考えたものだとどうなるか


 

今日の本題はここから。

逆に、自分で考えて選んだもので失敗するとどうなるのでしょうか?

 

答えは、「どうして、失敗しちゃったんだろ?」と考えるのです。

 

自分で考えたものだと、結果に対しても考えるようになりもの。ここが、自分で考えるメリットでしょう。

 

自分の決めたことだから誰にも責任転嫁できないし、何より失敗した原因や理由を考えるから必ずそこには成長がある。

 

誰かではなく、自分で考えて決めよう


 

このブログがソフトテニス関係者の方が多くご覧になってくれています。

 

ソフトテニスは、ルール内ならば、どんな戦術をしようが、どのコースに、どのタイミングでボールがプレイヤーの自由のスポーツ。

 

それなのに、先輩や先生が言ったからとか怖いからという理由で、人の決めたことに従う人を何度も見てきましたが、本当に残念でならない。

 

結果、負けたらその人のせいにしちゃってたら、せっかくソフトテニスをやってるのにもったいない。

 

後から気づくことも、ソフトテニスの良いところ。だけどせっかくなら早くから、自分で考えて、自分で決めて、自分で反省して、自分で成長すべき。

 

スポーツ一番の醍醐味ともいえる「自己成長」は、まず自分で考えることから始まるもの。

 

今すぐ、人の決めた道から、自分で考える道を創り出しましょう。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜