ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜

「ムロのブログ〜ソフトテニスで学んだこと〜」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。このブログは前身の「ソフトテニスで学んだこと」に加え、元日本最大アパレル企業勤務、元飲食店店長、元高校教員、ちょっとした海外経験など、異色の経歴を持つムロの自由気ままなブログです。こちらに書かれていることは、「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 49】目標を掲げるべき本当に理由とは

毎日の部活のように、楽しくブログを更新しています、ムロです。

 

少しずつ変わっていくこのブログを楽しみにしてもらえたら嬉しいです。

 

今回は、「目標を掲げる理由」について。

 

目標はなぜ掲げるべきのか?


 

このブログをご覧のあなたやあなたの属する組織には、

 

きっと何かしら目標があることかと思います。

 

学生の方ならば、

 

「次の大会で優勝する」とか、

 

「テストで80点以上とる」とか。

 

社会人の方なら、

 

「今月の売上は、100万円」とか、

 

「明日の営業では、2件契約をとってくる」とか。

 

そんな目標はいろんなところで存在しているでしょう。

 

では、なぜ人は目標を掲げるべきのでしょうか?

 

この質問をすると、「目標達成をするため」

 

という答えが返ってきがちですが、少し違うのです。

 

もちろん目標達成は、素晴らしいこと。

 

そこに異論はありませんが、目標を達成するために目標を掲げるのではありません。

 

目標を掲げるべき本当の理由は、

 

「未来を変えるために、今何をするか決めるため」です。

 

どんなことか、詳しく説明していきます。

 

どんな目標でもいいわけではない


 

例えば、ある大会で、2位だった人が、

 

「次も2位になろう」という人は、

 

どうかしているでしょう。

 

「次は1位になる(優勝する)」という目標を掲げるのが普通でしょう。

 

ここで、この目標を細分化すると、

 

「大会で、過去2位だったことをきっかけに、

 

次の大会までに練習を繰り返して、

 

次の(未来の)大会では1位になる」

 

というようになるでしょう。

 

過去の大会で2位になるほどの人なら、

 

次やれば1位になれる実力があるかもしれません。

 

ですが、それは3位以下の人にも言えること。

 

現状に満足していたら、すぐに抜かれてしまうのが技術というもの。

 

さらに言うと勝負の世界はやってみないとわからない性質を持っています。

 

だからこそ、

 

目標はどんなものでもいいというわけではありません。

 

目標は、今何をするかを決めるためにある


 

 大切なことなので、繰り返します。

 

目標を掲げるべき本当の理由は、

 

「未来を変えるために、今何をするか決めるため」です。

 

先ほど、細分化したものをもう一度見てみてください。

 

「大会で、過去2位だったことをきっかけに、

 

次の大会までに練習を繰り返して、

 

次の(未来の)大会では1位になる」。

 

僕が言いたいことが、見えてきたでしょうか?

 

「次の大会で1位になる」という目標を掲げると、

 

おのずと、今は「次の大会までに練習を繰り返す」ことが決まるのです。

 

つまり、今何をするかが決まるわけ。

 

もちろん今までの練習内容の見直しなど細い部分の修正は必要ですが、

 

それも含めて、今何をするかが決まるのです。

 

誰もが目標達成はできない。でも挑戦ができる。


 

前の大会で2位だからといって、

 

ろくに練習もしないで、

 

次の大会で1位になれる世界ならいいですが、

 

世の中そんなに甘くありません。

 

はっきり言っておきますが、

 

目標を掲げ、毎日必死に練習したからといって、

 

誰もが目標を達成できるわけではありません。

 

「頑張ればいいことがある」みたいな甘い戯言は、

 

勝負の世界には全く通用しません。

 

1位はみんな目標に掲げますが、

 

誰か1人(1ペア)しかなれないのです。

 

それが真実で、変わることはありません。

 

ですが、

 

1位になることへの挑戦は誰だってできる。

 

今回の内容に沿って言うならば、

 

「1位になる」ことを目標に掲げ、

 

今「1位になれるだけの実力をつける練習をする」ことを決めて、

 

挑戦することは誰でもできるのです。

 

目標のを掲げる本質はまさにこの部分にある。

 

誰もが目標達成はできないけど、挑戦することはできる。

 

過去の結果に満足できず、

 

未来を変えたいのならば、

 

目標を掲げ、今何をするか決めましょう。

 

挑戦するあなたと共に、

 

僕はこのブログで一緒に挑戦しますよ。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜今回の考えの参考になるオススメの本〜

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜