ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 48】「怒」の感情が起こるカラクリとは

アメリカ現大統領オバマさんが行った広島訪問は、

 

いろいろなことのきっかけとなるようですね。

 

全ては明るい子どもの未来のためであるべきと思う、ムロです。

 

今回は、「怒りの感情が起こるカラクリ」について。

 

どんな時に怒るか知っていますか?


 

喜怒哀楽という言葉があるように、

 

人には「怒」の感情を必ず持っています。

 

その「怒」の感情は一体いつ、どんな時に起こるか、知っていますか?

 

先に答えを言っちゃいますが、

 

それは「他人がルール違反を起こした時」です。

 

「なんだそれ?」って、なっちゃいましたかね?

 

詳しく説明していきますね。

 

人は誰しもマイルールブックを持ち歩いている


 

人の価値観が、

 

人それぞれということは納得いただけるかと思います。

 

その価値観に合わせて、

 

人は誰しも自分の中にマイルールブックを持ち歩いているんです。

 

例えば、

 

10時に人との待ち合わせしたとして、

 

「10時ちょうどに行けばいいや」という人もいれば、

 

「何かあったら困るし、5〜10分前に行こう」という人もいるでしょう。

 

前者と後者では、マイルールブックの内容は違うのがわかるかと思います。

 

簡単に想像できますが、

 

前者の人が遅刻すれば、

 

後者の人は「何で余裕を持ってこないんだ?」

 

というように「怒」の感情が起こるってわけ。

 

ここで大切なのは、

 

良い悪いということではなく、例のように、

 

人はいろいろなことに対してのマイルールブックを持っているということ。

 

このマイルールブックの内容は、

 

人の価値観によるものなので、誰一人として同じものはありません。

 

似たようなものがあるだけです。

 

なんとなく僕が今回伝えたいことは理解できてきましたかね?

 

「怒」の感情が起こるカラクリ


 

人は普通、自分の中のマイルールブックは、

 

間違いないもので、正しいものと認識しているもの。

 

でなければ、何が正しいかわからなくなって混乱しちゃいますからね。

 

そのルールブックには、もちろんルール違反もあるわけです。

 

つまり、

 

「人の「怒」の感情が起こる時」

 

        ||

 

「他人が、自分の中にあるルールブックの違反行為を行った時」

 

 

 ということなのです。

 

「怒」の感情が起こるカラクリを知らないとどうなるか


 

ちなみに、このことを知らないと、どうなるか。

 

「怒」の感情が起こるたびに、

 

「なんであいつはあんなこと(ルール違反)するんだ?」のループです。

 

相手が、自分と同じようなルールだと誤認していると一生理解できないまま。

 

そりゃあそうですよね。

 

サッカーのルールでやっている人たちの中に、

 

ラクビーのルールでやっている人が入ってたら、

 

サッカーのルールでやっている人たちには一生理解できません。

 

相手は自分のマイルールブックとは違うものと理解しよう


 

「怒」の感情を持つことは普通のことですが、

 

なるべく避けたいのが本音ではないでしょうか?

 

試合中なら冷静さを欠くし、

 

他人から見てもあまりいいものではありません。

 

もしあなたが、「怒」の感情をコントロールしたいならば、

 

まず、「怒」の感情が起こるカラクリを理解しましょう。

 

次に、「相手は自分とは違うマイルールブックを持っている」

 

ということを理解しましょう。

 

そうすれば、「怒」の感情が起こりそうになっても、

 

「あ、あの人と自分はルールが違うんだった。」と冷静になれます。

 

たったこれだけのことで「怒」の感情はコントロールできるんです。

 

僕が実践者ですから、間違いなく言えること。

 

冷静な自分と、「怒」の感情に振り回される自分のどっちが好きですかね?

 

前者であること、そして前者に変わっていくあなたに期待しています。

 

では、今回はこの辺で。

 

〜今回の考えの参考になるオススメの本〜

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜