ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 5】天秤はあっているか? その望みは100円のお賽銭で叶うものなのか?

ブログアクセスが、SNSなどで開始宣言をしていないのにアクセス数が増えていることに本当に喜びを隠せない、ムロです。 

 
アクセスしてくださる方々に、価値を感じてもらえるような記事を書き続けないとですね。
 
さて5回目は、「自分の望みに対する天秤はちゃんとあっているか?」ということです。
 

f:id:muro-softtennis:20160415014040p:plain

 
 
ご存知だと思いますが、天秤は両方にお皿があって、両方の重さがあっていないと、より重い方に傾いてしまうという特徴があります。
 
これを頭に入れて、次の問いを答えてみてください。
 
自分が今達成したい目標や望みを天秤の片方のお皿にのせたとしたら、それに見合うだけの努力はもう片方のお皿にのっていますか?」 
 
いかがでしょうか?

 

 

f:id:muro-softtennis:20160415020106p:plain

 
もしかすると、「10円のお賽銭で、叶ってください」というようなことになってはいないでしょうか?
 
思い当たることがあれば、それはチャンスです。
なぜならば、僕がまさにその状態だったからです。
 
なんとかならないかな〜、というくらいの努力だとすれば、
なんとかなるくらいの結果しか出ませんでした。
 
僕が達成したい目標は、そんな結果では到底達成できるものではありませんでした。
 
その時に、今回の天秤理論を知り(というか思い知らされました)、当時の僕はまさにお賽銭頼みで、天秤が釣り合うような努力はしていないことに気づきました。
 
それからは、まず気持ちから切り替えたので、練習での態度や普段の生活を見直しました。
 
気持ちの切り替えの考え方は前のブログで書きました。

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

もちろん怠けていた時期もあったので、すぐに結果は出ませんでしたが、切り替えるタイミングを得られたおかげで、初回のブログの通りのなんとか達成できました。

softtennisdemanandakoto.hatenablog.com

 

 

ここで、もう一度自分に解いてみてください。

 

「自分が今達成したい目標や望みを天秤の片方のお皿にのせたとしたら、それに見合うだけの努力はもう片方のお皿にのっていますか?」

 

もしも、お賽銭頼みの状態ならば、切り替えるのにタイミングなのではないでしょうか?

 

「思い立ったが吉日」です。

 

 

では、今回はこの辺で。