ソフトテニスで学んだこと

「ソフトテニスで学んだこと」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。こちらは、私自身が大学時代に個人戦・団体戦で全国大会まで出場した経験などソフトテニスで学んだことと、社会人となり社長の近くで仕事を経験したことから、「ソフトテニスで学んだこと」と題して、人生における大切だと感じたことをまとめていくブログです。 「正しい意見」ではなく、あくまで私自身の「考えたこと・感じたこと」です。

【ソフトテニスで学んだこと 142】上の立場が知りたいことは、下の立場の人からしたら意外なことかも


こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

部活でも、職場でも組織には、偉いかどうかは別にして、上の立場の人もいれば、下の立場の人もいるでしょう。

 

例外はあるにしても、上の立場の人は、下の立場からの昇格でしょうから、その立場の経験があるはず。

 

でも、下の立場の人はどうしても上の立場の経験がないので、きっとわからないことも多いでしょう。

 

そんな上の立場の人が知りたいことは、下の立場の人からしたら意外なことだったりします。

 

今回はそんな上の立場の人が知りたいことについて、お伝えします。

 

「身に染みてわかる」とは

 

人は、経験がないものに関しては、話を聞いたり、想像したりすれば、ある程度までは理解できるでしょう。

 

ただし、真に理解するには、どうしてもその経験をしないといけません。

 

「身に染みてわかる」というのは、その立場になって、五感と心でその大変さや楽しさを感じることで、初めてその立場のことがわかるということなのです。

 

上の立場の人が知りたいことは何なのか?

 

経験がない人で、下の立場の人は、決して上の立場の人の気持ちはわかりません。

 

どれだけ理解しようとしても、残念ながら想像の域を超えることはできません。

 

そもそも他人の気持ちや考えてることなんて、考えてもみないのが普通かもしれませんね。

 

 さて、そんな上の立場の人が知りたいことって一体何なんでしょうか?

 

それは、「自分たちにとって困ったこと」です。

 

言い方を変えるなら、「上の立場の人に言いにくいこと」。

 

人は、誰しも困ったことが起こって、自分に責任がかかるものは誰にも言わずに胸の内に秘めておきたくなるもの。

 

見て見ぬ振りをしておきたいことって結構少なくないでしょう。

 

誰かがさぼっていたり、ルール違反してたりするとか。

 

実は、それこそが上の立場の人が知りたいことなのです。

 

さらに言えば、些細なことであればあるほど重要度は高い。

 

下の立場の人が「ま、これくらいいいでしょ」と思うものほど、上の立場の人には重要だったりするもの。

 

どんなことでも話してしまおう

 

上の立場の人に隠しておきたい、言いたくないという気持ちはわかります。

 

怒られるかもしれないですからね。

いや、ほぼ確実に怒られることだから隠したくなるんですよね。

 

その気持ちは、嫌ってほどよくわかる。

だけど、それじゃその組織やチームにはちっともいいことはない。

 

現実から目を背けて、最高のチームは絶対に生まれない。

 

仮に、良い結果や成績を残せても、それはたまたまで、長続きはしない。

 

だからこそ、チームのためだと思って、どんなことでも上の立場の人には話してしまったほうがいい。

 

自分のことよりチームのことを優先する。

それが、なにより自分のためになる。

 

素直にどんなことでも話していればきっとこの気持ちわかるはず。

 

では、今回はこの辺で。

 

 


 

【ソフトテニスで学んだこと 141】幸せとの距離とは

f:id:muro-softtennis:20160828222621j:plain

 

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

スポーツでも、勉強でも、仕事でもなんでもそうですが、極めれば極めるほど人生と繋がっていることに気づくことでしょう。

 

どんなことでも大切なことは一緒だから。

そうなるとやっぱり「幸せ」というものを誰だって考えることでしょう。 

 

今回はそんな誰もが考える「幸せ」との距離についてお伝えします。

 

幸せはどのくらいにあるものなのか?


 

人は誰だって幸せに憧れる。

 

ただ、幸せに憧れる割には、真剣に幸せについて考えていなかったりする。

 

例えば、「幸せはどのくらい離れているか?」

 

と問われたら、どれくらいにあるものか答えらえるだろうか?

 

少し時間をかけて上の問いの答えをぜひとも考えてほしい。

 

あなたは幸せとどれくらい離れていると思っていますか?

 

幸せは、意外な距離にある


 

人は真剣に幸せについて考える機会がほとんどないから、幸せの距離がイマイチわかっていない。

 

そうなると多くの人は、「幸せ」はすごく遠くにあるものであったり、ものすごい努力の先にあるものだと思いがち。

 

実は、そこが勘違いの始まりだったりする。

 

幸せは、意外な距離にあるもの。

 

幸せは、すぐそばにあるのだ。

 

自分の家族だったり、住まいだったり、友達だったり。

 

人はそんな一番大切な身近な幸せに気づかないで、

 

ずっと遠くに見えるようなあやふやな幸せを追い求めていたりするけど、

 

本当に大切なのは身近な幸せなのです。

 

幸せを見直すべき


 

人は幸せの距離を見誤ってばかりいる。

 

遠くの、あやふやな幸せを追い求めて疲れちゃうことがほとんど。

 

もちろん、まだ見えない幸せを求めて走り続けることは大切。

 

それが挑戦だし、人生を賭けるというもの。

 

ただ、少しの時間でいいから幸せを見直すべき。

 

幸せは身近にある。

 

あなたが手を伸ばせば届く距離にあるもの。

 

それを今一度考えてみませんか?

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜

 

 

 

【ソフトテニスで学んだこと 140】逆境はピンチかチャンスか

こんにちは。

ムロ(@mattyann1006)です。

 

前回からの引き続きで、今回も将来作る書籍のための、わかりやすく短い文章での文章での更新です。

 

「短くても読みやすいけど、深い。」

 

そんな文章でお伝えします

 

 

 

逆境をどう考えるか


 

「人は努力する限り迷うものだ」

 

これは、ドイツ人作家のゲーテさんの名言。

 

この言葉通り、人は、一生懸命努力すれば、誰だって壁に当たる。

 

そして絶対に一度はこう考える。

 

「このままでいいのかな?」って。

 

いわゆる逆境という状況だ。

 

日本には、昔から「ピンチはチャンス」ってことわざがある。

 

なんか矛盾しているようだけど、経験のある人はこの言葉の意味を理解している。

 

ピンチの時って、誰だって逆転は無理だと決めつけて諦めている。

 

ここで、本当に逆転できるのは、諦めていない人だけ。

 

ただ、諦めていない人は100人いたら1人くらい。

 

そうやって思う人だからこそ、歴代の偉人やスーパースターなんだ。

 

でも、考えてみてほしい。

 

諦めないことって偉人やスーパースターにしかできないことかな?

 

小さい頃は、うまくできないことがあったら夢中になってできるまで諦めなかったことがなかったかな?

 

きっと誰にだってそんな頃はあったはず、忘れているだけなんだ。

 

つまるところ、自分で逆境をどう考えるか。

 

「ここまでなんだ」と考えるか。

 

「逆転できる可能性がある限り諦めない」と考えるか。

 

2択なんだけど、どちらかを選ぶかの差はとっても大きい。

 

スーパースターか一般人か。

 

たった一つの選択で、人生が変わるかもしれない。

 

あなたはどっちを選びたいんだろうね?

 

では、今回はこの辺で。 

 

〜ムロのプロフィールはこちらから〜

【ソフトテニスで学んだこと 番外編】管理人ムロのプロフィール - 弱小校から全国へ〜ソフトテニスで学んだこと〜